水いぼに対する治療の考え方

お医者さん

児童期(3歳〜15歳前後)によく見られる「水いぼ」は、皮膚や粘膜のウイルス感染症です。 感染力はそれほど強くないのですが、皮膚の接触による直接感染やタオルなどの物を介しての感染があるため、幼稚園や保育園といった集団生活の場においては、水いぼにうつる可能性が高いと言えるでしょう。

ある病院の統計によると児童期の中でも特に10歳未満の発症が多く全体の80%以上を占めているそうです。 またインターネットのお悩み系サイトには、お母さんたちからの「水いぼ」に関する質問がたくさん寄せられており、 小さなお子様を持つ多くの保護者の方たちが水いぼの治療法や他の児童への感染防止について悩まれていることがわかります。

水いぼは痛みやかゆみを伴うことはほとんどなく、発疹は体全体にわたってバラバラにできることもあれば、部分的に集まってできることもあります。 治療法については「水いぼは人に感染するものだから積極的に治療すべき」という考えと、「自然に治るものなので放置しておいてもよい」という考えもあり、医療機関によって方針が異なるようです。 どちらの意見も間違いではないようですが、これでは早期治癒を望む患者側が戸惑ってしまうのは当然ですね。

ここがポイント

ただし「積極的に治療すべき」という意見には「水いぼは自然治癒する病気とはいえ、完全に治るまでには長期間を要する」といった理由が含まれています。 つまり周囲の児童に伝染することを出来る限り防ぐためにも治療は積極的に行うべきであるという考えに基づいているわけです。

水いぼの原因と特徴について

看護婦さん

水いぼは伝染性軟属腫ウイルスによる感染でおこる「いぼ」の一種で、見た目の特徴は直径1〜3mm程度。 こちらの写真をご覧になるとわかるとおり、白いぽつぽつを含み表面は滑らかです。 主に胸やわきの下、肘、ひざなどにできることが多く、大きいものではエンドウ豆ほどの大きさになることもあります。

ちなみに水いぼの伝染力はそれ程強くありませんが、プールなどにおいて皮膚同士が接触することによる感染が多いと言われています。 またアトピーなどで皮膚のバリア機能が低下していると感染しやすい傾向にあるようです。

ところで水いぼは、そのまま放っておいても1〜2年で抗体ができると自然に治癒すると言われています。 このため必要以上に神経質になることはないと思いますが、極稀に痒みを伴うこともあるため掻き崩したりしないよう注意が必要です(※水いぼを掻くことで「いぼ」が増えることもあります)。

なお、同じお風呂に入っただけでは水いぼが感染することはないようですが、水いぼのウイルスが付着していると思われるタオルなどは共用しないほうがいいでしょう。

水いぼを治療するには

水いぼを治療するには「ピンセットで取り除く」「イソジンを塗る」「ヨクイニンを飲む」などの方法があります。 水いぼは外見上気にならなければ特に治療の必要はないと言われていますが、放置すると他人にも伝染するためこれらの治療方法を試みる方が多いようです。

このうち最も一般的な治療法はピンセットを使用した方法です。 具体的には水いぼの中にあるウィルスの芯を取り除くという方法なのですが、痛みを伴うため全ての子供に必ずしも適しているとは言い難いかもしれません。


〜 痛みを伴わない水いぼ治療法 〜

自宅での水いぼ治療で比較的多く使われているのがイソジンです。 治療方法はとてもシンプルで、イソジンを綿棒に付けてお風呂上がりの水いぼに一つずつ塗っていきます。 かなり根気が必要となりますが、しばらくすると水いぼが乾いてきて、早ければ1ヶ月ほどで治る人もいるようです。

イソジンと同様に水いぼの治療に効果があると言われているのがヨクイニンです。 ヨクイニンはハトムギの外皮を取った生薬で、角質層の新陳代謝異常を正常に戻す働きがあると言われています。 ヨクイニンには錠剤や粉末があり、ハトムギ100%のお茶とともに服用すると水いぼの治療に効果があるようです。

いずれにしても、水いぼは自然治癒する病気なのであまり神経質にならず、もしも感染した場合は全身に広がる前に病院で診てもらうよう心掛けておくといいでしょう。


〜 イソジン・ヨクイニンで効果がなかったという方には 〜

プールで遊ぶ子供 最近は木酢液や竹酢液を使用した水いぼの治療法も注目されています。 木酢液・竹酢液とは炭を焼く際に発生する煙を冷却、分離、精製(蒸留)したもので、原料となる樹木や竹の成分が濃縮された自然の植物エキスです。

木竹酢液は殺菌作用に優れているため、水いぼやアトピー性皮膚炎、敏感肌、水虫といったお肌のトラブルを抱えている方たちに古くから愛用されてきました。 具体的な使用方法は、お風呂に大さじ2杯程度の木竹酢液を入れて入浴したり患部に直接塗布するというのが一般的です。ちなみに最近はジェルタイプやクリームタイプの木酢液も販売されていて、ボディクリームのように体に塗るだけなのでとても使いやすいと評判です。

水いぼ治療に使用されている木酢液はこちらからご覧になれます。
蒸留木酢液・紀州備長炭100%由来・水イボ・アトピー・頭皮湿疹

木酢液や竹酢液を使用した方法は痛みを伴うピンセット治療や薬の服用が苦手なお子様に最適な治療法です。


Copyright © 2008-2014 水いぼの治療方法と原因 All Rights Reserved.